電話番号

(201) 405 - 0888

Email

njjs@NewJerseyJapaneseSchool.org

所在地

Oakland, NJ 07436 USA

学校の様子・写真

ニュージャージー日本人学校の様子

初等部1・2・3年生は,9月14日(火)秋の風情たっぷりのデマレストファームに出かけました。グループでアップルを収穫しながら「協力すること」「ルールを守って自然と触れ合うこと」のめあては,十分達成できました。

たくさんの種類のアップルの中から「ぼくはこっちの赤くて大きいやつ。」「名前はなんだ?」と思い思いにアップルを収穫していきました。3年生は,事前にアップルの名前やスーパーで売られているアップルについて調べていたので,リーダーの本領発揮でした。アップルでいっぱいになった袋を誇らしげに見せるこどもたちの笑顔が,充実した1日であったことを物語っていました。

秋晴れの中、全校写真を撮りました。


9月6日から9月8日までマサチューセッツ州のボストンへ2泊3日の修学旅行を実施しました。8年生の総合的な学習のテーマである「先人に学ぶ、仲間に学ぶ~社会貢献できる自分になるために~」をもとに、3日間活動を行いました。

1日目は、清教徒が最初に入植した地であるプリマスプランテーションを訪れ、英語でインタビュー活動を行い、清教徒たちの当時の生活や入植時の話を聞きました。入植当時の生活は、子どもたちが想像していたよりもずっと厳しいものであることを知ることができました。その後、ボストンへ移動し、レッドソックスの試合を観戦しました。間近で見る、メジャーリーグの選手のプレーに大興奮し、地元の人に愛される球団の歴史と文化を肌で感じ取ったようでした。

2日目は、アメリカ独立戦争ゆかりの地であるフリーダムトレイルの全行程を歩きました。様々な歴史的建造物を見学する中で、事前に学習した独立戦争に関する知識がつながっていったようでした。昼食後は、マサチューセッツ工科大学の博物館を訪問し、卒業生たちが開発したロボットや様々な最新の機材に触れ、科学技術の発展を体験しました。子どもたちの表情は、それぞれのロボットのアイディアや精巧な仕組みに興味津々で、時間を忘れて見学していました。

最終日は、フェンウェイパークの球場ツアーに参加し、普段入ることのできない記者席や球場の裏側に入り、今まで知らなかった球場の姿や歴史を知ることができました。最後に、世界をリードする研究者を輩出し続けるハーバード大学のキャンパスを見学して3日間の修学旅行を終えました。


8月30日から9月1日まで二泊三日の修学旅行でペンシルバニア州フィラデルフィア市を訪れました。

今回の修学旅行では、児童が訪問先について調べ、旅行の計画を立てることが学習の中心となっていました。フィラデルフィアがアメリカの歴史上でどのような意味をもつ場所なのかを知る中で「独立」ということについて理解を深め、さらに、首都が置かれていたという事実に驚くとともに、独立宣言が行われた時代に建てられた歴史的な建築物を見つけることに楽しみを見出していました。

初日は、100年以上前にオープンしたReading Terminal Marketでの昼食から始まりました。アメリカ最古のアイスクリーム屋などを横目に、百軒近くある店の中から自分が食べたいものを探し、英語で注文しました。その後、Logan Squareという噴水がある公園で一休みをして、この街の中心であるCity Hallへと向かいました。ペンシルバニアの命名にも深く関わったウィリアム・ペンの銅像が塔の頂上にそびえたっており、その足元まで上るツアーに参加しました。高いところから見ると、道路が全てCity Hallを中心に設計されていることが見て取れ、みんな感動していました。さらにMuseum of Artでは、所蔵作品の中からそれぞれが「お気に入り」を見つけることができたようでした。

二日目は、Historic Districtと呼ばれる歴史的な建造物が密集したエリアを探索しました。Independence Hallでガイドの方が説明してくれた内容については、自分の英語力に合わせて目標を決め、それぞれが学びながら聞くことができたようです。Mint(造幣局)では、国を支えるお金づくりについて見学をし、National Constitution Centerでは、現在のアメリカの形を決定づけた憲法について、プレゼンテーションを聞いたり、パネルを見たりしながら学習しました。午後は、Betsy Ross HouseやElfreth’s Alley、Independence Seaport Museumを訪れました。中でもSeaport Museumで展示されている潜水艦に入ったときには、その狭さや何とも言えない息苦しさのようなものを感じ、その過酷さを体験できたようでした。

最終日は、楽しみにしていたThe Franklin Instituteへと向かいました。体験型の展示が多く、自分の五感を通して学びが得られたようで、科学が、自分たちの生活を支え、発展させてくれていることを感じ取っていました。

食事のメニューや見学地へのルート、自由時間の過ごし方など、あらゆることについて話し合い、意思決定を重ねたてきた中で、意見が分かれたときもありましたが、できるだけみんなが納得できるようにと考えながら決めることができていました。また、自分たちで決めた施設を実際に見学をすることで、知識が実感を伴ったものになりました。フィラデルフィアの重要性、独立の苦労など、歴史を学ぶことができ充実した3日間となりました。

7月10日(月)~13日の4日間寺子屋を実施しました。朝から3種目の運動を行い。運動後は13時まで自学という日程でした。4日間とも天候に恵まれ、参加児童・生徒は楽しみながらも良く体を動かして、汗だくになって取り組んでいました。

1学期終業式が終わった午後から、PTO役員を中心に保護者ボランティアの方々、多くの企業のご協力とご支援により「夏祭り」が開催されました。

「食品販売」「ゲーム」「クラフト」のコーナーとサイレントオークション、じゃんけん大会など、どれもとても楽しめる内容で初等部の児童だけでなく、中等部の生徒も大いに楽しみました。

7月7日(金)は1学期終業式でした。

校長先生は、運動会で団長・副団長のリーダーシップが十分発揮されたことにより、どれほど素晴らしい運動会になったかということ、行事を通して上級生が大きく成長し、その姿を見て下級生の動きが変わっていくということを分かりやすく話しました。各学年代表者9名は「1学期頑張ったこと」を発表しました。目標をもって取り組み自分が出来るようになったこと、人の良いとこから学んだこと、行事での自分の思いと共にどのように成長できたかなどを、具体的に述べたので、多くの児童・生徒にとって大変参考になる発表となりました。

6月26日(月)に6年生から9年生までの児童・生徒による音楽集会を行いました。

どの学年も短期間で、よくここまで美しいメロディーを奏でられるようになったと音楽の先生から褒めていただきました。当日は、多くの保護者にも参観いただき、子どもたちも普段以上に張り切って、今までで一番良い演奏ができたようです。

みんな大好き「カレーの日」

6月23日(金)は今年度1回目のカレーの日でした。

たくさんのPTOの方々が参加され、愛情たっぷりのカレーが出来上がりました。

「甘口」「中辛」「辛口」の3種類の大鍋からおいしそうなにおいが学校中に広がりました。

今回の「いただきます」は1年生と6年生、「ごちそう様」は9年生でした。初めてカレーの日を迎えた1年生は6年生から教えてもらった歌と踊りでかわいらしく、微笑ましい「いただきます!」をしてくれました。

「大自然の中で仲間と学ぶ Frost Valley 宿泊学習」

初等部4年生・5年生は6月14日(水)~16日(金)までNY州のフロストバレーに宿泊学習に出かけました。

日常の学校生活から離れ,大自然の中で様々な野外でのプログラムを体験しました。

カヌーやプロジェクトアドベンチャーでは友だちと協力して息を合わせて活動を行い、最終日のクライミングでは、自分の体を手と足だけで支え、体力の限界にチャレンジしました。

どの活動も、仲間がロープを引いて支えることや、声をかけるなどの協力が必要で、子どもたちは仲間の存在の大切さを体全体で感じているようでした。

この3日間の経験で子どもたちはまたひと回り成長し、学年を超えた友だちとの絆を深めることができました。

「持続可能な社会を目指して」

中等部は、6月8日(木)9日(金) 校外学習へ出かけました。初日は、リバティーサイエンスセンターにてグリーンエネルギーについての実習とプリンストン大学のキャンパスツアーを行いました。2日目はプリンストンプラズマ物理研究所で、環境問題について発表を行い、小野雅之教授からプラズマ物理について、非常に難しい内容をわかりやすく講義をしていただきました。実習や講義を通して学びを深め、持続可能な社会を目指して、自分たちが今するべきことを考える良いきっかけとなりました。

 

みて ふれて かんじたよ Turtle Back Zoo

6月13日(火)に初等部1・2年生の児童がタートルバックズーへ生活科の学習に行きました。

事前学習として,動物園の紹介をすると、「この動物のこと知ってるよ。」、「もっとほかの動物も見てみたい。」など、動物についてとても興味をもち、この日が来るのをわくわくして待っていました。鳥の餌やりでは、「鳥の気持ちになってえさをあげたよ。」と言って、餌のついた棒をやさしく鳥に差し出していました。プレイリードッグとは透明なフェンス越しにいっしょにジャンプをして、まるでダンスをしているような一時もあり、動物たちと心を通わせながら楽しく見学ができました。また、亀の治療をしている水槽では、「なんでけがをしたのだろう。」とか「早く元気になってね。」など、動物を思いやる一面も見られました。学校に帰ってから、「好きな動物が見られてうれしかった。」「鳥に餌をあげるのは難しかったけど、食べてくれた。」「エイに初めてさわってみると,ニュルニュルしていた。」などと笑顔で話す児童たちの様子から満足のいく見学になったと想像ができました。

 

6月6日(火)ニュージャージー日本人学校と毎年、お互いに行き来しているニューヨークのUNIS(国連国際学校)を訪れ、国際交流を行いました。今回は日本語を学んでいる7・8年生と英語と日本語での自己紹介や、国連に関するクイズを行い交流を深めました。その後、お互いに「環境問題」や「社会問題」についての学習成果を英語で発表し、地球環境や社会問題について、それぞれの知識と考えを交流し深めることができました。

修了式・離任式

3月16日(木)、修了式・離任式を行いました。校長先生から、先日行われた卒業式で特によかったこととして「在校生の聴く姿勢と目線や顔の表情が素晴らしかった。」「卒業生を真心こめて送りだそうとする気持ちが伝わってくる言葉と歌であった。」「式終了後、自分で考え、積極的に動こうとする中等部の生徒たちの手際良い片付けに感動した。」を話しました。

その後、3年間の任期を終え帰国する4名の教員の離任式を行いました。それぞれが最後に児童生徒に伝えたいことと感謝の言葉を述べました。また、担任をした児童生徒から感謝の手紙と花束を渡され、3年間の出来事が思い出されたようで感極まっていました。

初等部第23回・中等部第18回卒業証書授与式

3月9日(木)、当日は、卒業生の門出を祝うかのような快晴のもと挙行しました。

学級担任から名前を呼ばれると大きな声で返事をし、校長より卒業証書を受け取りました。その後、1人1人がステージの上でこれからの目標、両親への感謝の気持ちなどを語りました。胸を張って自分の思いを堂々と話す姿は大変立派でした。

在校生からは、卒業生へのメッセージと歌が贈られました。初等部1年生から中等部8年生までが心を1つにして歌った「旅立ちの日に」は、卒業生への感謝と今後自分たちが担って行くことへの決意が込められた素晴らしいものとなりました。

在校生からのメッセージが終わり、卒業生はそれぞれの感謝や喜びを、メッセージと歌に込めて返しました。

初等部、中等部の最高学年として今まで学校のリーダーとして活躍してきた卒業生。その最高学年というバトンを次の学年にしっかりと渡すことができました。そして、在校生や保護者、たくさんの来賓の方に見送られて卒業していきました。

 

  

9年生を送る会

3月8日(水)、9年生を送る会を行いました。中等部のリーダーとしてだけでなく、運動会やメイプル祭などの大きな行事では、常に全体のことを考え、やさしく丁寧に下級生に接してきた9年生でした。

最後に、全員からお礼のメッセージを贈り、花道をつくり見送りました。

6年生を送る会

2月22日(水)、初等部全員で、6年生を送る会を行いました。この1年間、初等部のリーダーとして様々な場面で活躍し、みんなのお手本となった6年生と楽しい時間を過ごしました。

中等部「国連国際学校との学校間交流」

2月28日(火)、中等部が国連国際学校(UNIS)との2回目の学校間交流を行いました。

今回は、NJ校に招いて日本文化を体験してもらうために、「百人一首」と「おもちつき」を行いました。この日のために中等部全員で、何度も練習し、英語でルールを説明出来るように

準備をしてきました。先週は「おもちつき」を実際に行いながら綿密な役割分担をしました。

1時間半ほどの交流でしたが、UNISの生徒たちの中には、初めての「おもちつき」体験で、もちが出来上がっていく様子に驚き、つきたてのもちのおいしさに感動していました。

Manito Elementary Schoolとの学校間交流

2月7日(火)、11月はNJ校が訪問させてもらいましたが、今回はNJ校へ招待しました。

子ども達は,オープニングでパートナーと再会をはたし,英語の歌を一緒に歌い,一気に緊張がほぐれたようでした。

「Fukuwarai」の活動では,日本の伝統的な「ひょっとこ」「おかめ」の顔に加え「Doraemon」「Mario」「Pikachu」のアメリカでも有名なキャラクターの顔を使いました。Manito Schoolの子ども達は,初めて福笑いを体験したようで,出来上がった顏をみんな笑顔で見合っていました。「ジャンケンピラミッド」では,お互いに英語で質問をしあい,じゃんけんをしながらピラミッドの頂点を目指していくゲームで、みんな大いに盛り上がりました。「Origami」の活動は,「花」と「兜」にチャレンジし,一生懸命に指先を動かすManito Schoolの子ども達と一生懸命に英語で教えるNJ校の子ども達のお互いの姿が印象的でした。

節分で豆まき

2月3日(金)節分の日,初等部全員で豆まき体験を行いました。「節分」の由来について説明を聞いた後、各自で記入した「自分の良いところ」と「直したいところ」を発表しました。

そして、いよいよ赤鬼と青鬼の登場!子どもたちは鬼に向かって豆を投げつけ、心の鬼を追い出しました。

5年生社会科見学

1月2日(金)に5年生がマンハッタンにあるフジサンケイコミュニケーションズインターナショナル(FCI)を訪れました。7

FCIでは、テレビ局の仕事やマスメディアに関するクイズを出題してもらい、それらを解きながら楽しく知識を深めていきました。その後、スタジオに場所を移し、約1カ月練習してきたニュース原稿をテレビカメラの前で読むアナウンサー体験に挑戦しました。1人がアナウンサー体験をしている時に、もう1人はテレビカメラで撮影、もう2人はニュースに合わせて画面の切り替えを行う装置を実際に触らせてもらうという貴重な体験もすることができました。撮影に緊張しながらも立派にニュース原稿を読んだ4人も、最後に久下アナウンサーのアナウンスを実際に生で見て、そのプロの技に目を輝かせていました。

6年生社会科見学

1月19日(木)、6年生がマンハッタンにある国連本部と在NY日本国総領事館を訪れました。

国連本部では、英語のツアーに参加し、ガイドさんの説明を聞きながら様々な会議場や展示物を見学しました。世界中で行われている平和維持活動の様子など、社会科の教科書で学習したことをさらに詳しく学ぶことができました。最後に国連独自の切手を購入し、家族へ宛てて絵葉書きを書いて専用ポストに投函しました。

在NY日本国総領事館では、管轄内のアメリカ在住の日本人の安全を守るために、どのような業務を行っているのかというお話を聞いた後、パスポートなどの申請書類の手続きを行っている実際の現場などを見学しました。児童からは、「自分たちの生活は守られているんだということを肌で実感できた。」という感想が聞け、充実した社会科見学となりました。

スキー教室

13日(金)と20日(金)の2日間、Campgaw Mountainにて2年ぶりのスキー教室を行いました。13日は青空が広がる最高のコンディションの中,自分に合ったグループに分かれてスキーの練習を行いました。指導にあたったのはプロのインストラクターの方と本校の教職員。子ども達の技術向上と何よりも子ども達がスキーと良い出会いをしてほしいという思いで指導しました。子ども達は「初めてだったのでこわかったけど、止まり方が分かって楽しい。」「昨年はできなかった曲がり方で曲がれた。」といった感想が聞かれました。

3年生社会科見学

12日(木)「ハウスフーズ」さんに初等部3年生の社会科学習の一環として豆腐工場見学に出かけました。児童達は工場の生産ラインを間近で見学し、豆腐が出来上がる様子を真剣に観察していました。その後、準備してきた質問に答えていただき,自分の予想と異なる回答に対して驚いたり感心したりしていました。また,豆腐作りも経験させていただき,「おいしい。」と満面の笑みで味見をしている子ども達は、この日の学習を通して,1丁の豆腐ができるまでに様々な工程があることを知り,自分の口に入るこの豆腐の美味しさやありがたみを実感したようでした。

書き初め会

1月9日(月)に、全児童生徒による書き初め会を行いました。

書き初め会では、1、2年生は硬筆で自分の頑張りたいことを書き、3~9年生は毛筆で、新年の抱負を四文字の言葉に込め、作品づくりに取り組みました。児童生徒たちは、校長先生による直筆の手本をじっくりと見ながら、一文字一文字力強く新年の抱負を書き上げました。

書き初め会の最後には「つよい心」「自分の力」「粉骨砕身」「不撓不屈」「虎視眈眈」など、出来上がった作品を手にし、全児童生徒が新年の抱負を発表しました。

2学期終業式

12月23日(金)に終業式を行いました。

各学年代表者9名から「2学期頑張ったこと」を発表しました。どの学年も発表者の態度が素晴らしかったので、児童・生徒も引き込まれて聴いていました。また、各自が目標をもって取り組み、出来るようになったことを具体的に述べたため、多くの児童・生徒にとって大変参考になる発表でした。

9年生もちつき会

12月22日(木)、9年生全員の合格祈願のため、9年生保護者によるもちつき会が行われました。保護者の思いを感じながら全員が力強く杵を振り下ろしました。出来上がったおもちは保護者の願い通りの弾力のあるおいしいおもちに出来上がりました。7・8年生と職員室にもおすそ分けをいただきました。9年生の皆さんは、おもちのように粘り強く受験に挑んで下さい。

初等部もちつき会

12月21日(水)、初等部が餅つき会を行いました。1~6年生の児童が順番に杵を振るい、それぞれに願いを込めながらついた餅は美味しく、「もちもち」に仕上がりました。

実際のもちつき体験の前に、餅に関する知識について確認し、歴史を知ることで、餅を「少し特別な食べ物」として見ることができたようです。学習をしたあと、石臼と杵を使ったもちつき体験を行いました。

はじめは杵の重さに驚き、遠慮がちに振っていましたが、徐々に思い切りよく振り下ろすことができるようになり、リズミカルな「パァン」という音が室内に響いていました。また目の前で、つぶつぶのもち米から自分が知っている餅へと、形が変化していくことに驚いている様子でした。

「つきたてのもちは、すごくおいしかった。年に一回しか(この行事が)ないのが残念!」と、言っている児童もいました。

今年もサンタがやってきた!

12月20日(火)、NJ校にサンタクロースと2頭のトナカイがやってきました。

1年生教室から順にまわって、1人ずつ手渡しでお菓子とトートバッグのプレゼントをもらいました。初等部の児童は始まる前から、期待いっぱいで廊下を人が通るたびにわくわく、ドキドキしていました。期待以上のプレゼントをもらい、その日の下校バスでは、新品のトートバッグを早速使っている人がたくさんいました。

あすなろ国際学園さんから6名の元気でかわいい園児の訪問がありました。始めに園児たちはESLの授業を参観しました。次に、初等部の児童と一緒にレクリエーションを行いました。最後にみんなで仲良くランチをいただき,あっという間の2時間半を過ごすことができました。

マナー講座

11月29日(火)6年生以上の児童・生徒対象に「マナー講座」を行いました。

日本からフリーアナウンサーの島津ゆう子さんが、NJ校の児童・生徒のために来校されました。

「マナーって何?」と問いかけ、その答えは①相手の嫌がることをしない、②相手に不快な思いをさせない、③相手に恥をかかせないということ、すなわち「相手を大切に思う心」を持てば、それは鏡となって全て自分に返ってくると話されました。さらに、「言葉はたった一言で相手を傷つけたり、癒したりすることができる。」「口から出た言葉は全て自分の責任です。」「口から宝石がこぼれるような人になるように」と島津さん自身が、マナー講座を始めた当時、先生から言われたことなど・・・。

島津さんのフリーアナウンサーとしての体験とマナーについての意味を丁寧、分かりやすく話して頂きました。

初等部学校間交流(Manito Elementary School)

11月23日(水),初等部全員と近隣校のManito Elementary Schoolの3年生とで学校間交流を実施しました。

パートナーミーティングでは、お互いに質問をすることで交流を深めることができ,その後折り紙で紙風船を作るという活動を一緒に楽しみました。

また、サンクスギビング前日ということもあり、行事にちなんだ活動もあり楽しくアメリカ文化を知ることができました。

2学期「カレーの日」

11月18日(金)は、今年度2回目のカレーの日でした。前日からの下準備、当日は朝早くからカレーレディーのお母さん方がキッチンで一生懸命作って下さいました。何杯もおかわりをする子や3種類の辛さの食べ比べをする子もいて、あっという間にカレーの時間は終了しました。

7年生「職場体験学習」

11月8日(火)、9日(水)の2日間、7年生は、ニュージャージーにある日系の事業所で職場体験学習を行いました。今年は日本食レストラン3か所、保育施設2か所、自動車整備工場1か所の計6か所の事業所で活動しました。

初等部移動教室「Bear Mountain」

11月7日(月)に初等部の児童全員で、ニューヨーク州にあるBear Mountainに登山に出かけました。雲1つない、突き抜けるように青い空がひろがる絶好の天候に恵まれたこの日,子ども達は元気に山頂を目指しました。

無事に山頂に到着した子ども達は,「ヤッホー」と叫び、おいしいお弁当を最高の眺めと一緒に満面の笑みでいただきました。